ペットフードについて





皆さんはご存じでしたでしょうか?

現在日本では
ペット用と言われるものほとんどに公の規制というものがありません。

例えばペットフードですが、
人間や家畜用ではきちんとした食品基準があって、
使用してはならない原材料や添加物があります。
そして使用したものはその化粧袋(箱)に記載しなければならない義務があります。
(人間の口に直接的・間接的に入るものには必ず基準があります。)

しかしペットフードは
原材料や添加物はどんなものを使用しても構いません。
つまり病死した肉や抗生物質を使った肉でも、
人間用では廃棄処分する副産物(トリ肉で言えばクチバシや足部や内臓など)や
発ガン性だとはっきり認識されている防腐剤(ヒト用としては使用禁止)
を使用しても構わないということです。
しかもその商品の袋に材料を記載する義務もありません。
これはたいへん恐ろしいことなんですが

事実なのです。

数年前はイヌにアレルギーや癌といった病気は少なかったのですが
現在ではイヌの病気ワースト5なのは
この食事の実態が影響しているのは言うまでもありません。


実際にあなたの犬が口にするものは
体の中で吸収されて体の一部に変わっていくのです。


おやつ、おもちゃなど他のどんなものを節約しても
食事だけは
犬のことをきちんと考えて作られているフードを与えてください!





READ MEトップへもどる